産経WEST

妻が認知症の夫を包丁で殴打 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


妻が認知症の夫を包丁で殴打 

 夫を包丁のみね部分で殴ったとして、大阪府警河内署は16日、殺人未遂容疑で、同府東大阪市のアルバイトの女(64)を現行犯逮捕した。夫は頭から出血したが命に別条はない。女は「夫も殺して自分も死のうと思った」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、同日午前7時40分ごろ、女が住む集合住宅1階の一室で、夫(68)の頭部を包丁のみね部分で複数回殴ったとしている。

 同署によると、女から「夫とけんかした」と通報があった。夫は認知症で、2人は別居していたという。同署が詳しい動機を調べている。

「産経WEST」のランキング