産経WEST

【衝撃事件の核心】瀕死の妻に寄り添う悲劇の夫が一転…水難偽装殺人の計画と破綻

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
瀕死の妻に寄り添う悲劇の夫が一転…水難偽装殺人の計画と破綻

野田志帆さん(フェイスブックから) 野田志帆さん(フェイスブックから)

 純白のウエディングドレスとタキシードに身を包んだ若い新郎新婦は、万雷の拍手が鳴り響くチャペルで仲むつまじげに寄り添い、ときに顔を見合わせてほほえみ合っていた。この後、わずか2年足らずで新婦が不審死を遂げ、さらに新郎に妻殺害の容疑がかけられるとは、どの参列客も想像すらできなかったに違いない。

 関西屈指の観光地として名高い和歌山・白浜の海水浴場で昨年7月、大阪市の自動車運転手、野田孝史被告(29)が、妻の志帆さん=当時(28)=を水難事故に見せかけて殺害したとされる事件は結婚式から間もない妻を亡くした「悲劇の夫」が一転、和歌山県警に殺人容疑で逮捕され、同罪で起訴されるという衝撃的な顛末(てんまつ)をたどった。「28歳で子供を産みたい」。そんな希望を周囲に語っていた志帆さん。だが、捜査関係者によると、孝史被告は志帆さんの思いをよそに結婚から1年も経たないうちに家を頻繁に空けるようになったという。新妻の思いを踏みにじった夫の「背信」とは。

悲劇の夫

 昨年7月18日、和歌山県田辺市の病院の一室。ベッドの上で意識を失ったままの志帆さんから片時も離れない孝史被告の姿があった。「きれいだよ、きれいだよ」。孝史被告は物言わぬ志帆さんの顔を何度もなで、語りかけていた。

 この数時間前、志帆さんは孝史被告とともに白浜町の臨海浦海水浴場を訪れていた。同海水浴場は、シュノーケリングやスキューバダイビングなどのマリンスポーツが楽しめるスポット。近畿有数の海水浴客が訪れる「白良浜(しららはま)」に比べると、人出が少ない「穴場」でもある。2人はこの日午後1時半ごろから、海水浴場付近の岩場でシュノーケリングを楽しんでいた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 瀕死の妻に寄り添う悲劇の夫が一転…水難偽装殺人の計画と破綻

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング