産経WEST

「事故忘れず安全誓う」信楽高原鉄道事故27年 関鉄道係者らが再発防止へ誓い

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「事故忘れず安全誓う」信楽高原鉄道事故27年 関鉄道係者らが再発防止へ誓い

信楽高原鉄道の列車衝突事故の現場近くで営まれた追悼法要で、献花する人たち=滋賀県甲賀市信楽町黄瀬 信楽高原鉄道の列車衝突事故の現場近くで営まれた追悼法要で、献花する人たち=滋賀県甲賀市信楽町黄瀬

 JR福知山線脱線事故で長女を亡くした藤崎光子さん(78)=大阪市城東区=は「信楽高原鉄道事故の教訓をJR西が学んでいたら、(福知山のような)事故は起きていなかった。私たちのような遺族と呼ばれる人間をこれ以上つくらないでほしい」と訴えた。

 事故は平成3年5月14日、小野谷信号場-紫香楽宮跡駅間で、SKRの上り列車と乗り入れたJR西の下り臨時列車が正面衝突。乗客ら42人が死亡、600人以上が重軽傷を負った。

 遺族らが専門の調査機関設置を求めたことがきっかけとなり、13年に国土交通省航空・鉄道事故調査委員会(現運輸安全委員会)が発足した。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング