産経WEST

京大が立て看板撤去「景観条例に違反」学生からは戸惑いの声も

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


京大が立て看板撤去「景観条例に違反」学生からは戸惑いの声も

 京都大吉田キャンパス(京都市左京区)周辺の公道に面して設置された多数の立て看板(通称・タテカン)について、京大は13日午前中にすべてを撤去した。市が景観条例に違反するとして大学側に指導を繰り返していた。

 京大は1日、立て看板に関する学内規定を新たに施行、公道に面した立て看板には撤去を求める通告書を張りつけていた。今回の撤去も規定に基づく措置という。

 同キャンパス周辺では、多いときで約70枚の立て看板が設置されていた。撤去をめぐっては、一部の学生から「表現の自由を奪う」などの反対の声が上がっていた。

京大吉田キャンパスに隣接する歩道に立てられていた看板。これらは撤去された=4月2日、京都市左京区 京大吉田キャンパスに隣接する歩道に立てられていた看板。これらは撤去された=4月2日、京都市左京区

 農学部の男子学生(18)は「京大の良さを象徴するものだった看板が急になくなり驚いている。事前に話し合いなどがなく、急に撤去されたとしたら残念」と戸惑った様子。

立て看板が撤去された京大吉田キャンパス周辺の歩道=13日、京都市左京区 立て看板が撤去された京大吉田キャンパス周辺の歩道=13日、京都市左京区

 法科大学院の女子学生(23)は「京大の学風が自由とはいえ、周囲の景観や関係を配慮して立てるべきだった」と話していた。

このニュースの写真

  • 京大が立て看板撤去「景観条例に違反」学生からは戸惑いの声も
  • 京大が立て看板撤去「景観条例に違反」学生からは戸惑いの声も

「産経WEST」のランキング