産経WEST

天然マグロを宇宙から追跡 人工衛星で生態調査 近畿大、打ち上げ目指す

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


天然マグロを宇宙から追跡 人工衛星で生態調査 近畿大、打ち上げ目指す

反射材(白いプレート状のもの)を取り付けられたマグロ=和歌山県白浜町(近畿大提供) 反射材(白いプレート状のもの)を取り付けられたマグロ=和歌山県白浜町(近畿大提供)

 人工衛星を使って宇宙から天然マグロなどを追跡して生態調査をしようと、近畿大理工学部と農学部の研究室が新しいプロジェクトを始めた。実現すれば魚の行動をリアルタイムで把握できるとしており、来年度、課題を検証する試験衛星の打ち上げを目指す。

 両研究室の学生が、人工衛星からレーザーを照射し、魚の体の表面に取り付けた反射材を目印に行動をつかむ方法を考案。反射材は特殊なプラスチック素材でできた薄いもので、民間化学メーカーと共同で開発を進めている。従来より装着時の魚への負担が少なく、記録時間の制限もないため、長期間追跡できる。

 既に地上500メートルの飛行機から、反射材を付けた魚にレーザーを照射する実験は成功しているが、理工学部電気電子工学科の前田佳伸教授は「地上300キロの人工衛星から、レーザー観測できるかが課題」と話す。

 現在の生態調査は、データ記録タグを使った手法が主流。魚の腹を切って体内に入れるか、背骨にワイヤでくくりつけるため、魚に負担がかかり、最悪の場合、死ぬこともあるという。また、データ回収のため、再度捕獲しなければならない。

 計画ではインターネットを通じて資金を募るクラウドファンディングを活用し、各辺10センチの立方体の小型人工衛星を作る費用を募る。最終的にはレーザーを搭載した衛星の打ち上げを目指しているが、製作には多くの資金が必要で、今回は衛星に反射材を付け、地上からのレーザーをキャッチできるか検証する。

「産経WEST」のランキング