産経WEST

【実録 韓国のかたち】第4部(4)韓国人にとって幸か不幸か 左翼勢力が担いだのは「極端な共産嫌い」だった…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【実録 韓国のかたち】
第4部(4)韓国人にとって幸か不幸か 左翼勢力が担いだのは「極端な共産嫌い」だった…

マッカーサー元帥(左)李承晩氏(右)=1951年4月 マッカーサー元帥(左)李承晩氏(右)=1951年4月

「家族の一員であっても共産主義者は拒否しろ」

 韓国では初代大統領、李承晩(イ・スンマン)への評価は今でも分かれている。「彼がいなければ南では政府をつくることもできず北朝鮮に共産化されていたはず」(ヤン・ドンアン韓国中央研究院名誉教授)「南北分断をもたらした点で相当否定的だ」(バン・ビョンユル韓国外国語大学教授)とする意見だ。

 李は徹底した反ソ連・反共産主義者でもあった。

 「(朝鮮半島内の)共産主義者はソ連と同じだ。家族の一員であっても共産主義者は拒否しろ。共産主義者は破壊主義者だから(権力を握ったら)一人残らず逮捕する」「あなたの弟であっても共産主義の訓練を受けたなら彼はもうあなたの弟ではない」などの発言でも有名だ。

 そして、ソ連の指令を受ける金日成(キム・イルソン)の南側への平和攻勢は欺瞞(ぎまん)戦術にすぎないとみていた。

 李は1906年、米国に留学。ハーバード大学で修士学位を、プリンストン大学で博士学位を取得した後、ハワイで韓人学校の校長をつとめるなど教育活動に従事した。17年に「独立精神」などを発表。教育者、言論人、著述家として有名だった李が政治家として広く知られるようになったのは19年4月、上海につくられた「大韓民国臨時政府」の国務総理に選ばれた後だ(後に路線対立で解任)。

朝鮮民族「大同団結」掲げ、でも実際は…南北分断を「固定化した」のが、あの…

関連ニュース

「産経WEST」のランキング