産経WEST

コウノトリ3個目の卵ふ化 2羽に続き元気、福井・越前

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


コウノトリ3個目の卵ふ化 2羽に続き元気、福井・越前

すでに孵化していた2羽(左と中央)に続き孵化した3羽目のヒナ=10日午前、福井県越前市(同県提供) すでに孵化していた2羽(左と中央)に続き孵化した3羽目のヒナ=10日午前、福井県越前市(同県提供)

 福井県は10日、同県越前市で飼育中の国の特別天然記念物コウノトリが産んだ有精卵4個のうち、3個目が孵化(ふか)したと発表した。残る1個も既にひなの体の一部が見えており、早ければ今日中にもふ化するとみられる。

 県によると、10日朝に出勤した飼育員がケージ内を写す監視カメラの映像で3羽目のひなに気づき、中に入って目視で確認した。既にふ化した2羽に続き元気な様子という。

 卵は平成23年に兵庫県立コウノトリの郷公園(同県豊岡市)から借り受けたつがいの雌が今年4月に産んだ。

「産経WEST」のランキング