産経WEST

旧日本軍の九五式軽戦車、里帰り計画進行中 カギは「燃料ポンプ」 世界のマニアが大捜索

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


旧日本軍の九五式軽戦車、里帰り計画進行中 カギは「燃料ポンプ」 世界のマニアが大捜索

エンジンの搭載を待つ九五式軽戦車。操行装置はオーバーホール完了している(防衛技術博物館を創る会提供) エンジンの搭載を待つ九五式軽戦車。操行装置はオーバーホール完了している(防衛技術博物館を創る会提供)

 椰子の木茂る南洋の島から京都嵐山、和歌山白浜と移り、いま英国にある旧日本軍の「九五式軽戦車」の里帰り計画が進んでいる。国内外の戦車マニアが手を結んだ計画のカギを握るのは「メイド・イン・ジャパン」の機械部品。英国人オーナーが探し求める約70年前の燃料ポンプだ。英国とポーランド、そして日本の関係者が「日本にならあるはず」と“夢のかけら”を探している。(岡田敏彦)

■世界史“生き証人”戦車…英国・ポーランド・日本で団結、あとは「燃料ポンプ」求む

 里帰りを待つ戦車は第二次大戦時、日本の信託統治領だった西太平洋のポナペ島(現ミクロネシア連邦ポンペイ島)に配備されていたが、島に米軍の侵攻はなく終戦。以降スクラップとなっていたが、昭和56(1981)年に京都嵐山美術館の館長が私費で日本に持ち帰り、同館で展示。平成3(1991)年の同館閉鎖後は和歌山県白浜町の展示施設「白浜ゼロパーク」に移ったが、同パークも諸般の事情で平成14(2002)年に閉鎖。2年後、零戦など多くの収蔵品は売却され、九五式は英国人の著名な戦車コレクターのA氏が買い取り、英国に持ち帰った。

 その後、平成23(2011)年に、静岡県御殿場市で戦車や装甲車を近代日本の技術資料として保存するための博物館設立を目指すNPO法人「防衛技術博物館を創る会」が設立。「本物の日本の戦車を展示したい」と考える小林雅彦代表理事ら会のメンバーが思い浮かべたのは、いったん里帰りするも英国へ渡った九五式だったが、英国人コレクターのA氏が売買に応じる可能性はないと見られていた。

 大金で購入して日本から運び出し、ポーランドの修復専門家に預け、外観はもちろん内部まで再現。さらに完全走行を目指して資金を投じているとの情報が入っていたからだ。

 転機が訪れたのは昨秋。英国に拠点を持つ無可動実銃の輸入販売店「シカゴ・レジメンタルス」(東京都台東区上野)の社長で同会の賛助会員の宮崎昌幸氏が、A氏と懇意となり「日本人になら売ってもいい」と打ち明けられた。A氏は「日本の戦車なのだから、日本にあるのが最も良い」と考えていたという。ただし、譲るには“条件”があった。

戦車マニアの聖地で走らせる! あとは「燃料ポンプ」そして…

このニュースの写真

  • 旧日本軍の九五式軽戦車、里帰り計画進行中 カギは「燃料ポンプ」 世界のマニアが大捜索
  • 旧日本軍の九五式軽戦車、里帰り計画進行中 カギは「燃料ポンプ」 世界のマニアが大捜索
  • 旧日本軍の九五式軽戦車、里帰り計画進行中 カギは「燃料ポンプ」 世界のマニアが大捜索
  • 旧日本軍の九五式軽戦車、里帰り計画進行中 カギは「燃料ポンプ」 世界のマニアが大捜索
  • 旧日本軍の九五式軽戦車、里帰り計画進行中 カギは「燃料ポンプ」 世界のマニアが大捜索
  • 旧日本軍の九五式軽戦車、里帰り計画進行中 カギは「燃料ポンプ」 世界のマニアが大捜索
  • 旧日本軍の九五式軽戦車、里帰り計画進行中 カギは「燃料ポンプ」 世界のマニアが大捜索
  • 旧日本軍の九五式軽戦車、里帰り計画進行中 カギは「燃料ポンプ」 世界のマニアが大捜索

関連ニュース

「産経WEST」のランキング