産経WEST

外国人に保険証を誤交付 医療費3千万円支給、広島

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


外国人に保険証を誤交付 医療費3千万円支給、広島

 広島市は9日、国民健康保険に加入する資格のない外国人の男女計7人に対し、誤って保険証を交付していたと発表した。これまでに支給した医療費計約3780万円全額の返還を求めるとしている。

 市保険年金課によると、在留資格が医療目的の外国人には、国保加入が認められていない。しかし平成24年の住民基本台帳法改正で、医療目的の外国人も3カ月を超えて在留して住所を持てば住民票が作成されるようになったため、市の担当者が国保にも加入できると勘違いし、中国やロシア、ウクライナ国籍の資格のない7人に保険証を交付した。

 広島入国管理局の指摘を受けて明らかになった。24年7月~27年4月、1人当たり26万~1849万円の医療費を誤って給付していた。現在も広島市に居住している中国籍の2人以外は既に帰国しているため、在日大使館に協力を要請する方針。

▼【関連ニュース】広島・呉市で役所広司、松坂桃李“仁義なき戦い”任侠映画「孤狼の血」、白石監督の本音

▼【関連ニュース】足りぬ年金の裏技…元国税マンが披露「やってはいけない老後対策」

「産経WEST」のランキング