産経WEST

競馬配当申告せず6200万円脱税、大阪・寝屋川市元課長に有罪判決 国税の「横目調査」手法争点

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


競馬配当申告せず6200万円脱税、大阪・寝屋川市元課長に有罪判決 国税の「横目調査」手法争点

 競馬で得た払戻金を申告せず約6200万円を脱税したとして、所得税法違反罪に問われた大阪府寝屋川市固定資産税課の元課長、中道一成被告(48)=起訴休職=の判決公判が9日、大阪地裁で開かれ、村越一浩裁判長は「納税の模範となるべき立場で、厳しい批判は免れられない」として懲役6月、執行猶予2年、罰金1200万円(求刑懲役1年、罰金1900万円)を言い渡した。

 公判では起訴内容の事実関係に争いはなく、事件の端緒となった大阪国税局の査察官の調査手法が妥当だったかが争点となった。弁護側は、別の事件で調査していた査察官が本来の調査対象と異なる中道被告の口座情報を調べたと主張。本来の対象以外の情報を盗み見たことは「横目調査」などと呼ばれる違法な証拠収集だと訴えていた。

 村越裁判長は、査察官が具体的な調査方法について守秘義務を理由に証言を拒否したことから、「調査対象の絞り込みが不十分だった可能性を否定できず、違法の疑いがある」と指摘。しかし、顧客の口座情報を適切に扱う義務を負っている銀行から了承を得ていた点を重視し、「違法性があったとしても、その程度は重大とまでは言えない」と判断した。

続きを読む

関連ニュース

「産経WEST」のランキング