産経WEST

【関西経営者列伝】「深海魚のような会社」機敏に斬新に タマノイ酢・播野勤社長(1)

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西経営者列伝】
「深海魚のような会社」機敏に斬新に タマノイ酢・播野勤社長(1)

タマノイ酢本社内に備え付けられたキッチンを紹介する播野勤社長=昨年11月、大阪府堺市堺区(奥清博撮影) タマノイ酢本社内に備え付けられたキッチンを紹介する播野勤社長=昨年11月、大阪府堺市堺区(奥清博撮影)

 父は寡黙で、怒られた記憶はほとんどありませんが、肝心な時に一言重要なアドバイスをくれるタイプでした。母はよくしゃべる人で、対照的な両親でしたが、本当に自由に育ててくれたと思います。

 活発な方で、まとめ役になることが多かったですね。こま回しや鬼ごっこ、縄跳びなど、いろんな遊びを周囲ではやらせました。小学校の運動会では赤組の主将として校長先生から優勝カップをもらったんですが、「校長先生はこんな仕事をしているんですね」なんて言って笑われたこともありました。

 中学では水泳や水球に打ち込み、高校では自転車部。メカニック好きが集まるどちらかといえば地味な部で、みんなより少し後に入ったんですが、いきなり「部室を片付けろ」とか、そろいの黄色いTシャツを着させて「走ろうよ」とか号令をかけた。みんなを外へ引っ張り出し、何十キロもツーリングに出るような部に変えてしまいました。

 父は私が中学生の時に社長になりましたが、当時は経営難だったようで。休みなく働き、3年で立て直しましたが「会社がつらいときは経営者が真っ先に我慢するもんだ」と言っていました。父の後ろ姿を見ながら経営者像を学びました。

3年半修業経て、知識と経験吸収

 《大学卒業後、父の勧めで、ジャムなどのメーカーとして知られるソントン食品工業に就職した》

 父と先方の社長が親しかったことが縁でした。経理や財務、社長室などで仕事をしましたが、思えば外の飯を食う研修期間のようなものだった。このときの経験は、後に商品管理や電算化に取り組む際の大きな参考になりました。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「深海魚のような会社」機敏に斬新に タマノイ酢・播野勤社長(1)
  • 「深海魚のような会社」機敏に斬新に タマノイ酢・播野勤社長(1)

「産経WEST」のランキング