産経WEST

【関西経営者列伝】「深海魚のような会社」機敏に斬新に タマノイ酢・播野勤社長(1)

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西経営者列伝】
「深海魚のような会社」機敏に斬新に タマノイ酢・播野勤社長(1)

タマノイ酢本社内に備え付けられたキッチンを紹介する播野勤社長=昨年11月、大阪府堺市堺区(奥清博撮影) タマノイ酢本社内に備え付けられたキッチンを紹介する播野勤社長=昨年11月、大阪府堺市堺区(奥清博撮影)

 大陸からもたらされた酢の製法の伝来地とされる大阪・堺で歴史を重ねてきたタマノイ酢(堺市堺区)。老舗企業でありながら、柔軟な発想で「すしのこ」や「はちみつ黒酢ダイエット」などのアイデアあふれるヒット商品を世に送り出してきた。社長就任から26年あまり。播野勤さん(64)は、社員の創意工夫を大切にしながら変革を恐れず挑戦を続けている。(藤谷茂樹)

 タマノイ酢の源流は豊臣秀吉の時代だった1590年頃、酢の商標として「玉廼井(たまのい)」が用いられるようになった当時にさかのぼります。今の会社は明治40年、5つの蔵が集まってできた「大阪造酢」が発祥で、以来110年にわたって歩み続けてきました。

 歴史の長さはありがたい半面、障壁になることもある。壊すものと守るべきものをはっきりさせることが大切です。旧弊にとらわれていては新しい図面は描けない。一方で、役職では上でも、年少者は年長者を敬うという伝統的な精神などは大事だと感じます。

 私は、タマノイ酢は深海魚のような会社だととらえています。普段は大きな変化がなく、ゆったりとしたところにいる。けれど、餌を取る時には機敏に動かないといけない。歴史の古い会社でも、斬新なことをしないと社員は安住してしまう。ここ一番はしっかりやらないといけないと意識しています。

「経営者が真っ先に我慢」…父の背から学ぶ

 《4歳の頃まで堺で過ごし、父の転勤に伴って東京・杉並へ移った。祖父は4代前、父は先々代のタマノイ酢社長だ》

続きを読む

このニュースの写真

  • 「深海魚のような会社」機敏に斬新に タマノイ酢・播野勤社長(1)
  • 「深海魚のような会社」機敏に斬新に タマノイ酢・播野勤社長(1)

「産経WEST」のランキング