産経WEST

愛知の女子高生殺害、事件当日に不審な車目撃情報 黒っぽいSUV低速走行

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


愛知の女子高生殺害、事件当日に不審な車目撃情報 黒っぽいSUV低速走行

清水愛美さんの遺体が見つかった現場付近で黙とうする愛知県警の捜査員=2日午前、愛知県豊田市 清水愛美さんの遺体が見つかった現場付近で黙とうする愛知県警の捜査員=2日午前、愛知県豊田市

 愛知県豊田市で平成20年5月、高校1年清水愛美さん=当時(15)=が殺害された強盗殺人事件で、発生当日に不審な黒っぽいスポーツタイプ多目的車(SUV)が現場周辺で目撃されていたことが2日、豊田署捜査本部への取材で分かった。犯人が使用していた可能性があり、捜査本部はSUVの情報提供を重点的に呼び掛けた。事件は同日、未解決のまま発生から10年を迎えた。

 捜査本部によると、SUVは聞き込み捜査で浮上。発生当日の20年5月2日午後6時半ごろ、現場付近を低速で走行しているのが目撃された。周辺では似た車が事件の1カ月前から複数回目撃されていたが、事件後は途絶えたという。下見や物色をしていた可能性もある。

 21人体制で捜査を続ける捜査本部には発生以降、約1400件の情報が寄せられたが、有力な手掛かりは得られていない。29年は62件と提供される情報は減少傾向だ。

 清水さんは20年5月3日早朝、豊田市生駒町の田んぼで死亡しているのが見つかった。2日夜、自転車で下校中に殺害されたとみられる。現場から約15キロ離れた同県岡崎市稲熊町で、教科書が入った清水さんのかばんが発見された。紺色ジャージーがなくなっており、捜査本部は同種のジャージーなどを公開している。

「産経WEST」のランキング