産経WEST

【関西の議論】京都の注目エリアに小学校新設 市内で26年ぶり、児童急増で

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
京都の注目エリアに小学校新設 市内で26年ぶり、児童急増で

 京都で教育熱心な子育て世代に人気がある京都市中心部屈指のエリアに今春、26年ぶりに新たな小学校が誕生した。その名も市立御所(ごしょ)東小学校(上京区)。全国的にも教育内容が注目される近くの御所南小(中京区)が児童急増で校舎が足りなくなり新設されたのだ。「御所南」は学区、居住区として一大ブランドを確立したが、一方の御所東小も、京都ならではの理由で、保護者だけでなく地元住民も新設に期待を寄せているという。(田中幸美)

児童増えすぎて…

 「学校が分かれるのは寂しかったけど、今いる友達とよりよい学校を作りたい」。4月3日、御所東小で行われた開校式で、6年生の女子児童(11)は声を弾ませた。式には2~6年の児童214人や地域住民ら約530人が出席し、新たな学び舎の門出を祝った。

 京都御所(御苑)のすぐ東側に位置する御所東小。新1年生を除く児童はもともと南に約550メートル離れた御所南小の在校生だった。4小学校、9学区を統合して平成7年に開校した御所南小の児童は当初は662人だったが、21年度には千人を突破。29年度は1252人に上った。

 背景には、教育レベルの高い公立小ということが大きな要因としてあげられる。「読解力育成に重きを置いた教育や、京都御池(おいけ)中学と連携した小中一貫教育がメディアで紹介され、全国的に知名度と人気が高まった」(市教育委員会担当者)

続きを読む

このニュースの写真

  • 京都の注目エリアに小学校新設 市内で26年ぶり、児童急増で
  • 京都の注目エリアに小学校新設 市内で26年ぶり、児童急増で
  • 京都の注目エリアに小学校新設 市内で26年ぶり、児童急増で

「産経WEST」のランキング