産経WEST

【世界を読む】世界最大の島グリーンランドに中国が接近…一帯一路は北極へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【世界を読む】
世界最大の島グリーンランドに中国が接近…一帯一路は北極へ

グリーンランドの自治政府がある西海岸の「首都」ヌーク。空港整備プロジェクトや資源開発、孔子学院など様々な面で中国との関係が深まっている(ロイター) グリーンランドの自治政府がある西海岸の「首都」ヌーク。空港整備プロジェクトや資源開発、孔子学院など様々な面で中国との関係が深まっている(ロイター)

 北欧デンマークの自治領グリーンランドに中国が接近している。空港整備プロジェクトや地下資源開発のほか、文化普及機関の孔子学院の設置計画も動く。温暖化による氷の融解で、北極圏は航路や資源獲得の展望が大きく開けた。専門家は「独立を志向し経済的に自立したい自治政府と、北極圏に拠点が欲しい中国は互恵関係にある」と指摘。グリーンランド選出のデンマーク国会議員は産経新聞の取材に対し「成長が必要だ」として中国との関係強化に積極的な姿勢を示した。   (坂本英彰)

 ロイター通信は3月末、カナダやオランダなどの5企業とともに中国の交通インフラ大手「中国交通建設」が、島内3空港整備プロジェクトの参加企業に選ばれたと報じた。自治政府がある西部ヌークと観光拠点の西部イルリサットなどで大型旅客機も発着できるようにし、欧州や北米への直行便開設も目指す。

小さな政府の大事業

 総事業費は約6億ドルとGDP約20億ドルのグリーンランドでは巨大。近く着工予定だが、40%の資金はまだ確保できていないという。

 昨年秋、自治政府のキールセン首相が北京を訪れ、漁業や鉱業、観光分野の協力強化を図ったほか、政府系金融機関の中国輸出入銀行も訪れた。キールセン氏は「資金確保の旅とみられているだろう」と、中国行きの目的を暗に認めた。

続きを読む

「産経WEST」のランキング