産経WEST

【関西の議論】「京大の文化」が消える タテカンに規制、市の指導受け撤去へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
「京大の文化」が消える タテカンに規制、市の指導受け撤去へ

 意見主張の手段か、景観条例に抵触する「広告物」か-。サークルや部活動を紹介するために学生らが掲げる立て看板、通称「タテカン」をめぐって京都大学が揺れている。「京大の文化」とも言われてきたタテカンだが、大きさや色彩が京都市の景観を守る条例に違反するとして、市が学外に設置されたタテカンについて再三にわたり行政指導を実施。事態を重くみた京大は5月から、設置を学内に限定し、設置期間も制限するなど本格的な規制に乗り出すことになった。学生からは惜しむ声も聞かれるが、学生の街・京都に残る大学らしさの象徴が姿を消す日は近いのか。(小川恵理子)

自由な学風の文化

 京大のシンボル、時計台がある吉田キャンパス(京都市左京区)からほど近い百万遍(ひゃくまんべん)交差点。キャンパス沿いの歩道には、大小のタテカンが乱立する。その数は、同交差点から正門までの歩道上約650メートルに約70枚ある。

 「違反広告物 タテカン撲滅。」

 大学側の規制方針に賛成する団体が設置したのだろうか。ひときわ大きい看板が目を引くが、黒地に赤い文字がおどろおどろしい。規制派ならば、なぜあえてタテカンを設置したのだろうかとの疑問もわく。

百万遍交差点の歩道上に設置されたタテカン=4月2日、京都市左京区 百万遍交差点の歩道上に設置されたタテカン=4月2日、京都市左京区

 横のタテカンには、ひげをたくわえた巨大なゴリラと、逃げ惑う人間の姿が描かれ「ゴリラ討伐 大学奪還」の威勢のいい文字が躍る。ちなみに京大の山極寿一(じゅいち)総長はゴリラ研究の第一人者として知られる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「京大の文化」が消える タテカンに規制、市の指導受け撤去へ
  • 「京大の文化」が消える タテカンに規制、市の指導受け撤去へ
  • 「京大の文化」が消える タテカンに規制、市の指導受け撤去へ
  • 「京大の文化」が消える タテカンに規制、市の指導受け撤去へ
  • 「京大の文化」が消える タテカンに規制、市の指導受け撤去へ

「産経WEST」のランキング