産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】世界記録へ“温情”二塁なら…鳥谷、状態を上げて鉄人・衣笠を追悼せよ!

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】
世界記録へ“温情”二塁なら…鳥谷、状態を上げて鉄人・衣笠を追悼せよ!

練習に臨む阪神の鳥谷敬内野手と、見守る金本知憲監督 =松山市の坊っちゃんスタジアム・室内練習場(村本聡撮影) 練習に臨む阪神の鳥谷敬内野手と、見守る金本知憲監督 =松山市の坊っちゃんスタジアム・室内練習場(村本聡撮影)

 世界記録達成への温情が「鳥谷二塁」ならば阪神・鳥谷敬内野手(36)は必死で状態を上げなければなりません。鳥谷は28日の広島戦(マツダ)に代打で登場し、そのまま二塁に。八回一死の第2打席で右中間二塁打、14打席ぶりの安打を放ちましたが打率・159で低空飛行のままです。2215試合という連続試合出場の世界記録保持者・衣笠祥雄(きぬがさ・さちお)氏が23日、上行結腸(じょうこうけっちょう)がんで死去。鳥谷は28日現在で1916試合です。今季の二塁転向が金本知憲監督(50)の記録続行に向けた配慮ならば必死で前を向かないと全てが暗転します。

■二塁「タライ回し」「守備固めならない」声と「守備の狭さ配慮ゆえ」の声…

 衣笠祥雄氏の追悼試合で鳥谷は試合途中の六回に代打で登場。その打席は中飛でしたが、そのまま二塁に。そして八回に迎えた第2打席で右中間に二塁打。この安打が実に15日のヤクルト戦(甲子園)以来、14打席ぶりの安打でした。打率は・159と全く上昇する気配がなく、「攻守で精彩を欠いている…」という声がチーム内外から聞こえてきます。

 鳥谷は昨季の終了時点で連続試合出場が1895試合でした。今季は28日まで21試合連続出場を継続中で、1916試合にまで記録は伸びていますね。もちろん、大目標は23日に上行結腸がんで71歳で逝去された衣笠祥雄氏の世界記録、2215試合です。あと299試合となると、今季を最後まで継続して、さらに後2年先…。気が遠くなるような数字です。果たして届くのか…。果たして世界記録更新はなるのか…。こうした状況下でチームの関係者は驚くべき発言をしたのです。

 「鳥谷自身も連続試合出場を大きな励みにしてプレーしてきたはず。この記録が途切れるとなると気持ちがプッツリとなるかもしれない。そこを一番、心配しているのは金本監督なのかもしれません。鳥谷に対して一番気を遣っているのは金本監督だから…」

 球団や現場を含めたオール阪神で鳥谷の連続試合出場を一番、気にかけて配慮しているのは金本監督だと言うのです。確かに開幕後、二塁に転向させた鳥谷を指揮官はスタメンから外した試合でも代打や“守備固め”で起用を続けています。状態が上がらず凡退を繰り返しても出場機会を摘むことはしていませんね。

 しかし、15日アップのコラムでも書きましたがチーム内からは「昨季は三塁で復調したのに、二塁に転向させた。まるでタライ回しのようだ」という声があったり、「鳥谷を守備固めで起用しているが、二塁手としてはスナップスローが苦手で併殺が取れない。守備固めになっていない」という辛辣(しんらつ)な声があることをお伝えしたはずです( https://www.sankei.com/west/news/180415/wst1804150031-n1.html )。

続きを読む

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング