産経WEST

【動画】大和川橋脚7・8センチずれる、レールも 近鉄南大阪線、16万人影響

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【動画】
大和川橋脚7・8センチずれる、レールも 近鉄南大阪線、16万人影響

線路の傾きが確認された、大阪府の大和川に架かる近鉄南大阪線の橋で復旧作業する作業員=25日午後 線路の傾きが確認された、大阪府の大和川に架かる近鉄南大阪線の橋で復旧作業する作業員=25日午後

 大阪市東住吉区と大阪府松原市間の近鉄南大阪線の大和川橋梁(きょうりょう)で25日朝、橋脚の傾きが見つかったトラブルで、近鉄は同日、計9本ある橋脚のうち1本が上流側に7・8センチ傾き、その上にある線路でも2・4センチのゆがみを確認したと明らかにした。この影響で、近鉄は南大阪線の大阪阿部野橋(大阪市阿倍野区)-河内天美(あまみ)駅(大阪府松原市)間で運転を見合わせ、上下線で計512本が運休、約16万2千人に影響した。運転再開のめどは立っていない。

■復旧いつ…運転再開めど立たず、代替バス大混雑

 近鉄は大阪メトロの北花田駅(堺市北区)と河内天美駅を結ぶ臨時バスを運行するなどして対応した。臨時バスは26日も終日運行する見込み。

 近鉄によると、橋梁は長さ約197メートルで、大正12年に完成。昨年10月の台風21号の影響で、今回傾いた橋脚とは別の橋脚で2センチ強の沈下が見つかったため、昨年12月に応急復旧工事を行い、今年4月から橋脚基礎周辺に鉄板を打ち込む補修工事を始めた。

(次ページに動画)夜の大雨3m水位アップ…「就活に間に合わなかった」

このニュースの写真

  • 大和川橋脚7・8センチずれる、レールも 近鉄南大阪線、16万人影響
  • 大和川橋脚7・8センチずれる、レールも 近鉄南大阪線、16万人影響

関連ニュース

「産経WEST」のランキング