産経WEST

【関西の議論】「コナモン」店が全国で減少…個人経営の後継者難、大阪は5年で17%減

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
「コナモン」店が全国で減少…個人経営の後継者難、大阪は5年で17%減

関西や広島などで愛されているさまざまなコナモン(オタフクソース提供) 関西や広島などで愛されているさまざまなコナモン(オタフクソース提供)

 チェーン店の人気が高く、個人経営の店には足が向いていないようだった。

お好み焼き店だけど「居酒屋」も

 お好み焼きの業界では、何が起きているのだろうか。

 オタフクソースが運営する「Wood Egg お好み焼館」(広島市西区)の松本重訓(しげのり)館長(59)は「店舗数は減少していると思う。かつて住宅地にある家の1階を改装するなどして個人が経営する店がたくさんあったが、経営者が高齢になり、後継者不足に直面していることが大きい」と指摘する。お好み焼きは近年、スーパーやコンビニでも販売され、こうしたまちの店に行かなくても、簡単に手に入るということも背景にある。

 一方で、若い世代は開業しようとすれば、繁華街で店を開き、お好み焼きだけでなく、さまざまなサイドメニューを充実させる傾向にあるという。「店の名称も、お好み焼きのほか、鉄板焼き、居酒屋などさまざまな言い方がされ、線引きが曖昧(あいまい)になっている」と分析する。

 お好み焼きは、昭和30年代以降、広まったとされる。そんな中、個人経営の店も増え、焼いた薄い生地に麺や野菜を重ねて焼く広島のお好み焼きや、具を混ぜてから焼く関西のお好み焼きが親しまれてきたが、時代の曲がり角に来ているのだろうか。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「コナモン」店が全国で減少…個人経営の後継者難、大阪は5年で17%減
  • 「コナモン」店が全国で減少…個人経営の後継者難、大阪は5年で17%減
  • 「コナモン」店が全国で減少…個人経営の後継者難、大阪は5年で17%減
  • 「コナモン」店が全国で減少…個人経営の後継者難、大阪は5年で17%減
  • 「コナモン」店が全国で減少…個人経営の後継者難、大阪は5年で17%減
  • 「コナモン」店が全国で減少…個人経営の後継者難、大阪は5年で17%減
  • 「コナモン」店が全国で減少…個人経営の後継者難、大阪は5年で17%減

「産経WEST」のランキング