産経WEST

不妊治療死亡、北九州の3医師を業過致死容疑で書類送検 子宮内に誤って大量の空気送る

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


不妊治療死亡、北九州の3医師を業過致死容疑で書類送検 子宮内に誤って大量の空気送る

 平成28年に不妊治療で誤った処置をし女性を死亡させたとして、福岡県警は23日、業務上過失致死の疑いで北九州市の「セントマザー産婦人科医院」の当時の男性担当医(37)や男性院長(68)ら医師3人を書類送検した。

 担当医の送検容疑は、28年11月、卵管の詰まりを改善するため、女性会社員=当時(37)=の子宮内に大量の空気を繰り返し送り込む「通気治療」をし、循環不全など容体を急変させ、その後多臓器不全で死亡させた疑い。

 院長は通気治療の危険性に関し指導や教育をせず、立ち会った別の男性医師(37)は治療を制止しなかった疑い。

 捜査関係者によると、県警は、担当医が誤って大量に空気を送り、その一部が血管に入るなどして死亡させたとみている。

「産経WEST」のランキング