産経WEST

【関西の議論】弁慶も使ったなぎなた、乃木坂46映画を起爆剤に「聖地」PR 兵庫・伊丹

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
弁慶も使ったなぎなた、乃木坂46映画を起爆剤に「聖地」PR 兵庫・伊丹

次は外国人取り込みを

 映画の力もあり、なぎなたで盛り上がる伊丹市だが、今後は外国人観光客を呼び込むコンテンツとしても育てていく考えだ。

 市はなぎなたのほか、剣道や茶道など日本文化が体験できるプログラムを旅行業者と協力して作成し、今年1月からインターネットサイトなどで販売を始めている。市によると、これまで4件の注文があったが、修武館で体験できるなぎなたのプログラムの注文はまだ入っていないという。

 それでも、市は外国人旅行者がプログラムを楽しむ動画を2月から動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開し、そこになぎなた体験を行う様子も盛り込んでいる。担当者は「修武館の近くには鉄道駅やホテルがあり、観光客を呼び込みやすい。大阪を訪問した外国人観光客を伊丹にも呼び込めれば」と力を込める。

修武館で行われているなぎなたの稽古。女性を相手に稽古に励む男性の姿もあった=兵庫県伊丹市 修武館で行われているなぎなたの稽古。女性を相手に稽古に励む男性の姿もあった=兵庫県伊丹市

 観光振興に詳しい同志社女子大現代社会学部の大津正和教授は、伊丹市が今後取り組むべき課題として「『忍者といえば伊賀・甲賀』というように、『なぎなたといえば伊丹』となるよう広報活動に力を入れるべきだ」と指摘。そのうえで、「忍者と比べて外国人の知名度が高くないなぎなたでも魅力を感じる人は必ずいる。ネットを通じて広めていくためにも、SNS(会員制交流サイト)で影響力のある人にプログラムを体験してもらうなど地道な活動が必要だ」と強調した。

このニュースの写真

  • 弁慶も使ったなぎなた、乃木坂46映画を起爆剤に「聖地」PR 兵庫・伊丹
  • 弁慶も使ったなぎなた、乃木坂46映画を起爆剤に「聖地」PR 兵庫・伊丹
  • 弁慶も使ったなぎなた、乃木坂46映画を起爆剤に「聖地」PR 兵庫・伊丹
  • 弁慶も使ったなぎなた、乃木坂46映画を起爆剤に「聖地」PR 兵庫・伊丹
  • 弁慶も使ったなぎなた、乃木坂46映画を起爆剤に「聖地」PR 兵庫・伊丹

「産経WEST」のランキング