産経WEST

【関西の議論】土俵は女人禁制、緊急時も思わず伝統重視…相撲協会が問われる社会とずれた教条主義

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
土俵は女人禁制、緊急時も思わず伝統重視…相撲協会が問われる社会とずれた教条主義

動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿された、京都府舞鶴市の大相撲春巡業で多々見良三市長が倒れた際、土俵に上がる女性(手前)の映像 動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿された、京都府舞鶴市の大相撲春巡業で多々見良三市長が倒れた際、土俵に上がる女性(手前)の映像

 京都府舞鶴市で開催された大相撲春巡業で、あいさつ中の多々見良三市長(67)がくも膜下出血で倒れた際、救命措置のため土俵に上がった女性に対し、日本相撲協会が土俵を下りるようアナウンスしたことで批判が起きた。人命よりも土俵の「女人禁制」という伝統を重視したような対応に非難が集中した。海外メディアを中心に「女人禁制」が女性差別との声も出た。何が起こり、何が問題になったのか。改めて検証した。

(永山裕司)

その時、土俵は

 関係者の証言や公開された映像などによると、問題が発生したのは4月4日午後2時5分ごろ。舞鶴文化公園体育館で行われた市制施行75周年記念の「平成30年春巡業 大相撲舞鶴場所」で、多々見市長が土俵であいさつ中に突然、言葉を失ってあおむけに倒れた。

 相撲協会関係者ら男性数人が土俵に上がったが、事態に対処できず、多々見市長を囲んでいるだけの状態が続いた。市長が倒れた約20秒後、女性1人が向こう正面の客席付近から土俵に駆け上がった。地元関係者らでつくる巡業の実行委員会や市の関係者によると、女性は土俵に上がる際には「上がっていいですか」と声をかけ、「看護師です。心マ(心臓マッサージ)ができます」と話したという。

 女性は市長の右側から心臓マッサージを始めた。この直後、もう1人、マスクをした女性が土俵に上がり、市長の左側に座り込んで処置を手伝った。最初の女性が上がって約30秒後、さらに女性2人が正面側から手助けのために土俵に上がった。

最大の問題は…巡業の勧進元(発起人)も「人命、しきたり…なら」

このニュースの写真

  • 土俵は女人禁制、緊急時も思わず伝統重視…相撲協会が問われる社会とずれた教条主義

「産経WEST」のランキング