産経WEST

幻想的なLED灯明も…京都・智積院で初の「万灯会」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


幻想的なLED灯明も…京都・智積院で初の「万灯会」

灯明の灯でほのかに照らし出される智積院の金堂=京都市東山区 灯明の灯でほのかに照らし出される智積院の金堂=京都市東山区

 境内に約1万本の灯明を並べ、国内外の災害犠牲者をしのぶ「万灯会」が、真言宗智山派総本山の智積院(京都市東山区)で行われた。灯明のほのかな明かりの中、訪れた参拝者らが静かに祈りをささげた。

 同派の若手僧侶で構成する智山青年連合会の発足60周年を記念して、同院で初めて企画された。

 参道や境内に今月3日、ろうそくや発光ダイオード(LED)電球の灯明が並べられ、辺りは幻想的な雰囲気に包まれた。

 金堂では法要が営まれ、全国から集まった約180人の青年僧侶が、参拝者と災害犠牲者をしのび、被災地復興を祈った。

 同連合会の伊東永人会長(43)は「多くの観光客にも参拝していただき、世界中から祈りが込められているようで、良い法要が営まれた」と話した。

「産経WEST」のランキング