産経WEST

貝殻2・2トン海に不法投棄、水産会社社員5人を逮捕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


貝殻2・2トン海に不法投棄、水産会社社員5人を逮捕

 加工後に残ったホッキ貝の貝殻を大阪湾に大量に投棄したとして、大阪府警生活環境課は16日、海洋汚染防止法違反(船舶からの廃棄物排出)の疑いで、水産物加工販売会社「ひろ」の常務取締役、新井吉守容疑者(51)=大阪府泉南市樽井=と同社員ら計5人を逮捕した。いずれも大筋で容疑を認め、「処分できなくなり海に投棄した」と供述しているという。

 逮捕容疑は平成28年12月~昨年2月、大阪府泉南市にある同社の流通センターで、食用加工して残ったホッキ貝の貝殻や、中身が腐っていた貝など計約2・2トンを船に積み、同市の近海に捨てたとしている。

 捜査関係者によると、加工の過程で出た貝の廃棄物は、業者に有料で処分を依頼するなどしなければならないという。

 府警に情報提供があり、昨年2月に流通センターなどを捜索していた。他にも複数回、海に貝殻を投棄していたとみて調べる。

「産経WEST」のランキング