産経WEST

【加計学園問題】農水省分も愛媛県職員が作成 知事認める

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【加計学園問題】
農水省分も愛媛県職員が作成 知事認める

質問に答える中村時広愛媛県知事 質問に答える中村時広愛媛県知事

 学校法人「加計学園」(岡山市)の愛媛県今治市での獣医学部新設計画に関し、農林水産省内で見つかった文書について、愛媛県の中村時広知事は13日、この文書も愛媛県職員が作成した同じ文書だと認めた。

 県庁で取材に応じた中村知事は、文書が公表されたことについて、国の調査方法などが分からないので「意見はない」とした上で「すみずみまで調査した結果として出てきたのだろう」と感想を述べた。

 文書を取り寄せて調べた結果、平成27年4月3日付備忘録を作成した職員が、知事報告の直前の同月13日に、先の備忘録の誤字を修正し、予算面での配慮について付け加えて更新したものと判明したという。

 中村知事は複数の省庁にまたがる案件について、当時の状況を説明し、地元の熱意を伝えるためにこの文書を置いていった可能性があると説明していた。

 安倍晋三首相が、面会そのものを否定している当時の柳瀬唯夫首相秘書官を、信頼している-と答弁したことについては「それぞれの立場だと思う」と述べ、(国と知事の)どちらかが嘘をついているという議論になっていることは「心外だ。愛媛県の職員の言動についてはオープンにしており、それぞれの機関が同じようにすればいい」とこれまでの考えを繰り返した。

 また、職員の国会招致が取り沙汰されていることについて「職員にプレッシャーをかけるのはどうかと思う。私が職員から話を聞いて矢面に立つ。野党の政治的パフォーマンスにつきあうつもりはないが、国全体でということになれば、いつでも説明できると思う」と、場合によっては自ら証言に立つ考えを示した。

「産経WEST」のランキング