産経WEST

【関西の議論】住民が消えた村、兵庫・新温泉町の無人集落…過疎化を象徴、時が止まった地区

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
住民が消えた村、兵庫・新温泉町の無人集落…過疎化を象徴、時が止まった地区

今冬の大雪で集落全体が雪に覆われた(2月1日撮影) 今冬の大雪で集落全体が雪に覆われた(2月1日撮影)

 新温泉町では過疎化と高齢化が進み、空き家が増加する一方で、山間部では高齢者だけの地区が増える傾向にある。町は町外からの定住や移住の受け入れに取り組んでいるが、決め手に欠ける。

 西村銀三町長は「集落の人口が10人以下の地区には強い危機感を持っている。住民の支援に力を入れたい」と話している。

このニュースの写真

  • 住民が消えた村、兵庫・新温泉町の無人集落…過疎化を象徴、時が止まった地区
  • 住民が消えた村、兵庫・新温泉町の無人集落…過疎化を象徴、時が止まった地区

関連ニュース

「産経WEST」のランキング