産経WEST

月亭可朝さん死去 カンカン帽姿での弾き語りが人気

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


月亭可朝さん死去 カンカン帽姿での弾き語りが人気

月亭可朝さん 月亭可朝さん

 カンカン帽姿で奏でるギター漫談で人気を集めた落語家の月亭可朝(つきてい・かちょう、本名・鈴木傑=すずき・まさる)さんが3月28日、急性肺線維症のため兵庫県内の病院で死去した。80歳。葬儀・告別式は近親者で行った。

 神奈川県生まれ。三代目林家染丸に入門。その後、桂米朝の預かり弟子になると、昭和43年に月亭可朝を名乗る。カンカン帽とメガネ、ちょびヒゲをトレードマークに、ギターを使った漫談で注目を集め、即興で作ったというコミックソング「嘆きのボイン」が44年にレコード化されると、全国的なヒットとなった。

 その後、「夫婦でドンピシャ!」などテレビやラジオ番組で活躍する一方、参院選に2度立候補したが落選。平成20年にはストーカー行為で逮捕された。

 落語は端正な味わいで知られ、「算段の平兵衛」や「親子酒」などを得意とした。弟子に月亭八方さんら、孫弟子に月亭八光(はちみつ)さんや月亭方正(ほうせい)さんらがいる。

このニュースの写真

  • 月亭可朝さん死去 カンカン帽姿での弾き語りが人気

「産経WEST」のランキング