産経WEST

「オリーブ地鶏」販売開始 香川県、特産品を飼料に育成、牛豚に続き

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「オリーブ地鶏」販売開始 香川県、特産品を飼料に育成、牛豚に続き

特産のオリーブをまぜた飼料で育てた「オリーブ地鶏」(香川県提供) 特産のオリーブをまぜた飼料で育てた「オリーブ地鶏」(香川県提供)

 香川県と、地元畜産農家などでつくる振興会が3月から、特産のオリーブをまぜた飼料で育てた「オリーブ地鶏」の販売を中四国地方のスーパーなどで始めた。既に同じ方法で飼育した牛と豚も流通させており、「オリーブ=香川県」のイメージ強化にさらに力を入れる。

 オリーブ地鶏は、県などが2014年に開発を始め、与える飼料の量などを研究。通常の飼料に、油を搾った後のオリーブ果実を加えたものを、従来の県産地鶏「讃岐コーチン」「瀬戸赤どり」に与えて飼育した。

 オリーブの成分の効果で、通常の鶏肉に比べて甘味成分の「グリシン」が1・6倍、うま味成分の「コハク酸」が1・2倍になることが確認された。

 オリーブ収穫量が国内の約9割を占める香川県は、08年のハマチを皮切りに、11年には牛、15年には豚と、オリーブ飼料を与えた水産物や畜産物をブランド化。いずれも首都圏や関西圏に出荷しており、畜産や流通業界からは「次は鶏を」と要望が強まっていた。

 オリーブ地鶏は、もも肉の場合100グラムで200円程度。県は、牛、豚と合わせ、3種類セットにしてお歳暮で販売することも検討している。

 県畜産課の田淵賢治課長補佐は「県の名物、骨付鳥にもいずれはオリーブ地鶏が使われるようになるだろう。オリーブを見て香川県を連想するような戦略を今後も続けたい」と話した。

「産経WEST」のランキング