産経WEST

【衝撃事件の核心】3億円詐欺で共犯に問われた住職と檀家総代が法廷バトル…「信じたのが間違い」VS「利用された」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
3億円詐欺で共犯に問われた住職と檀家総代が法廷バトル…「信じたのが間違い」VS「利用された」

事件の舞台となった松山市の黄檗宗の寺院「安城寺」 事件の舞台となった松山市の黄檗宗の寺院「安城寺」

「私は下々の人間がすることはしない」

 そこまで心酔していたが、事件発覚後に目が覚めたのか、宇都宮被告は片井被告の“犯行”を語り始めた。

 法廷では、背任事件について、1億5千万円の借り入れは片井被告が計画したものと証言。詐欺事件では宇都宮被告の会社の口座に2億円が入金されていたが、「片井被告の口座に入金すれば足が付くからと言われた」と述べた。

 片井被告からは「私はこういう下々の人間がすることはしない。判子はお前がつきなさい」といわれたといい、契約書の作成など交渉の実務は宇都宮被告が担っていたという。

 一方の片井被告。自身の被告人質問で、背任罪について「懇意にしていた住職が納骨堂で成功したので、同じことがしたいと思った」と述べ、遊興費目的とされる動機を否定。宇都宮被告から安城寺の建て替え計画の取りまとめをしたいとの提案があったとし、交渉の場には立ったことは認めたものの「(宇都宮被告から)住職には関係のない話と言われていたので、聞き流していた」ため詳細は知らず、背任罪には当たらないと主張した。

 さらに、萬福寺の関連施設の建て替え計画をめぐる詐欺罪も「宇都宮被告が契約書を持ってきた。署名・押印は宇都宮被告がやると言っていた」などと述べ、無罪を主張した。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング