産経WEST

「この犬、かむからな」暴力団の犬、捜査員かむ 重過失容疑で組員逮捕 道仁会会長宅捜索 福岡県警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「この犬、かむからな」暴力団の犬、捜査員かむ 重過失容疑で組員逮捕 道仁会会長宅捜索 福岡県警

 指定暴力団道仁会(福岡県久留米市)の会長宅で飼っている犬が家宅捜索に入ろうとした捜査員の脚をかんで軽傷を負わせたとして、福岡県警は5日、重過失傷害の疑いで、飼育担当の組員、小柳栄治容疑者(36)=同市上津町=を逮捕した。「注意は怠っていない」と容疑を否認している。

 県警によると、犬の散歩から戻った小柳容疑者が、門扉前で他の組員とやりとりしていた捜査員に「この犬、かむからな」と言ってリードを持ったまま犬を近づけたという。犬は体長50~60センチの「ピットブル」で、闘犬として知られている。

 逮捕容疑は2月27日午前10時半ごろ、犬の動きを十分に制御せずに暴力団犯罪捜査課の男性巡査長(38)の右脚にかみつかせ、1週間のけがを負わせた疑い。県警によると、巡査長は詐欺事件の捜索で他の捜査員とともに会長宅に来ていた。

 この犬は昨年11月にも別の事件で捜索に来た捜査員の脚にかみつきけがを負わせたが、暴力団側は立件されなかった。

「産経WEST」のランキング