産経WEST

【センバツ決勝 速報(4)】4回、智弁和歌山が東妻の2点タイムリーで先制 裏に大阪桐蔭追いつく 2-2

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【センバツ決勝 速報(4)】
4回、智弁和歌山が東妻の2点タイムリーで先制 裏に大阪桐蔭追いつく 2-2

4回、生還した智弁和歌山・冨田泰生(7)、黒川史陽=甲子園球場(甘利慈撮影) 4回、生還した智弁和歌山・冨田泰生(7)、黒川史陽=甲子園球場(甘利慈撮影)

 決勝戦は四回に試合が動いた。

 智弁和歌山は四回の先頭打者、4番・文元洸成のエラーでの出塁を足がかりに、5番・冨田泰生、6番・黒川史陽が連続ヒットで無死満塁のチャンス。

 大阪桐蔭の先発、根尾昂は続く7番・高瀬宗一郎をピッチャー前のゴロを見事なフィールディングを見せて、併殺にしとめた。

 ここでチャンスはついえたかと思えたが、8番・東妻純平が根尾のスライダーを捕らえ、レフト前ヒット。二塁からもランナーが返り、2点を先制した。9番・池田陽佑は三振でこの回が終わった。

 大阪桐蔭は四回裏、4番・藤原恭大が俊足を生かして内野安打。5番・根尾も一、二塁間を破るライト前ヒットで続いた。準決勝で本塁打を放っている6番・山田健太は死球で無死満塁のチャンスとなった。

 ここで、智弁和歌山の高嶋監督はマウンドに伝令を送った。7番・石川瑞貴は遊撃前にゴロを放ち、ダブルプレーをとれるかと思いきや二塁手がボールを落とし、その間に三塁ランナーが返って1点。続く8番・小泉航平のゲッツーの間にも走者がかえって、同点に追いついた。

 4回を終わり、2-2のスコアとなっている。

このニュースの写真

  • 4回、智弁和歌山が東妻の2点タイムリーで先制 裏に大阪桐蔭追いつく 2-2

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング