産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】開幕G戦1勝1敗…優勝やはり藤浪「復活」が絶対条件だ!

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】
開幕G戦1勝1敗…優勝やはり藤浪「復活」が絶対条件だ!

開幕・巨人3連戦の2戦目、巨人の岡本和真に中適時打を浴びた阪神の藤浪晋太郎=3月31日夜、東京ドーム(矢島康弘撮影) 開幕・巨人3連戦の2戦目、巨人の岡本和真に中適時打を浴びた阪神の藤浪晋太郎=3月31日夜、東京ドーム(矢島康弘撮影)

 藤浪復活が優勝への絶対条件-。それを改めて痛感しました。阪神は開幕・巨人3連戦(東京ドーム)の初戦をメッセンジャーの粘投と大山の活躍などで5-1で先勝。続く2戦目は4点のリードを守れず4-8の逆転負け。ポイントは六回を続投した藤浪晋太郎投手(23)が制球難で崩れた場面。金本監督は「判断ミスと言われても仕方ない」と自戒の弁ですが、第2戦先発抜擢(ばってき)や続投判断は藤浪の右腕なくしては優勝に届かない…という台所事情を勘案したからでしょう。藤浪は全身全霊で指揮官の期待に応える責務があります。

■ロサリオ第1号! 快音続く猛虎だからこそ…金本監督も「藤浪、かなり迷ったんだけど…」

 伝統の一戦、巨人戦での開幕。ある意味、全てをリセットするには格好の相手だったでしょう。中日、阪神、楽天を率いた星野仙一監督は打倒・巨人を最大の目標に掲げて「巨人戦はビタミン剤や。アドレナリンが出てチームが不調に陥っているときでも元気が出る」と話していました。オープン戦2勝12敗2分で12球団最下位に終わっていた阪神にとって、伝統の巨人戦でスタートできることはかえってチームを一丸にできるチャンスだったと思います。

 そして、開幕2試合を終えた時点で1勝1敗。好材料も反省点も出ていました。開幕戦ではキャンプのブルペンから「不安説」が流れていたメッセンジャーが粘りの投球で7回を1失点。ベンチでは金本監督とグータッチ。三塁を任せた大山が貴重な2ラン。福留が先制弾、糸井も活躍するなどベテラン勢も元気な姿を見せました。

 「(大山の2ランは)右方向に素晴らしいバッティング。完璧でしたね。あれできょういけるんじゃないか…という気になりました。(メッセンジャーは)先頭打者の陽にいきなりカーブを打たれたんですけど、(リードする)梅野もその後にカーブを消さずにうまく緩急をつけて根気強く投げました。メッセンジャーに声をかけた? そうありがとうの一言ですね」

 試合後の金本監督もヒーローたちを称賛する言葉が続き、上機嫌でした。

 そして第2戦。試合の主導権を奪ったのは初戦同様に阪神でしたが、4-2の2点リードで迎えた六回裏に暗転。先発の藤浪が先頭の岡本に左前に運ばれると長野に四球。バントの構えの小林にはストライクが1球も入らず無死満塁。ここで岩崎に継投も、同点に追いつかれその後の逆転負けに…。

 六回表の攻撃の場面、一死二塁のチャンスで藤浪が打席に入りました。五回まで5安打3四球で2失点だったのですが、そのまま代打を送らず打席に。結果的に続投が裏目に出たわけですね。

開幕第2戦で投げさせ、あの六回表の打席で代打を…その理由は

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング