産経WEST

【センバツ】智弁和歌山が18年ぶりベスト4 延長で逆転サヨナラ勝ち

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【センバツ】
智弁和歌山が18年ぶりベスト4 延長で逆転サヨナラ勝ち

二回、智弁和歌山・黒川が本塁打を放つ=甲子園球場(松永渉平撮影) 二回、智弁和歌山・黒川が本塁打を放つ=甲子園球場(松永渉平撮影)

 選抜高校野球大会第10日は1日、甲子園球場で準々決勝が行われ、智弁和歌山が準決勝に進んだ。

 智弁和歌山は創成館(長崎)に延長十回、11-10で逆転サヨナラ勝ちし、18年ぶりのベスト4を決めた。7-9の九回2死満塁から平田の2点適時打で追いついた。延長十回に1点を勝ち越されたが、裏に2死一、二塁から黒川が左越えに逆転の2点二塁打を放って勝負を決めた。

 創成館は五回までに7得点し、一時は5点のリードを奪ったが、逃げ切れなかった。投手陣が粘るも、四死球が失点に絡んだのが痛かった。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング