産経WEST

【センバツ】乙訓、決定打欠き三重に敗れる 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【センバツ】
乙訓、決定打欠き三重に敗れる 

決定打を欠き三重に敗れた乙訓=甲子園球場(塚本健一撮影) 決定打を欠き三重に敗れた乙訓=甲子園球場(塚本健一撮影)

 選抜高校野球大会第9日は31日、甲子園球場で3回戦が行われ、乙訓(おとくに)(京都)は三重に敗れた。

 三重は1-1で迎えた三回、浦口のソロ本塁打で2-1と勝ち越した。

 初出場の公立校、乙訓は相手を上回る計8安打を放ち、チャンスを作ったが、要所で決定打を欠いた。富山(とみやま)-川畑の左右の二枚看板による継投で三重を2点に封じながら、打線は三回の投ゴロ間に入った1得点にとどまった。

 「もう少し点を取りたかった」と市川監督。打線は三重の先発・福田の右横手から繰り出される変化球に苦戦。低めの球を捨てる作戦で挑んだが、打ち崩せなかった。

 昨秋の京都大会と近畿大会でチーム最多打点をあげ、甲子園初出場の原動力になった主将の5番・中川は3度の得点機に凡退。「未熟な部分が全て出た。夏には思い切り振って打ち損じのない打線を作ってきたい」と出直しを誓った。(大宮健司)

関連トピックス

「産経WEST」のランキング