産経WEST

【夕焼けエッセー】年賀状に添えたひと言から

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【夕焼けエッセー】
年賀状に添えたひと言から

 20代の頃、オーディオに凝りだしたが結婚を機に遠ざかってしまった。

 昨年65歳となりサラリーマン生活に終止符。友人知人への年賀状に「今年はオーディオ復活元年」と添えた。

 しばらくして神戸のTさんから「メールアドレス教えて」のショートメール。Tさんとは約30年前に同じ職場で苦労した間柄。たった2年間だったが年賀状のやり取りは続いている。メールからLINEに移りオーディオ復活の過程をやりとり。

 アンプは真空管式で自作。スピーカーはフルレンジ一発のバックロードホーンを自作。どうしても処分できなかった40年前のレコードプレーヤー。1カ月かけて念願のオーディオシステムが復活。

 井上陽水のレコード盤「氷の世界」。みずみずしい音に思わず感動。次にCDの「氷の世界」。こぢんまりした音でレコード盤のはじけるような輝きがない。アナログレコード、実に素晴らしいじゃないか。

 Tさんと30年ぶりにお会いし、ジャズを聴いてみないかとレコードを頂戴する。スピーカーはジャズと相性がいいようでトランペットが吹きあがり、ベースとドラムのリズムがズシンときて、シンバルはまさに金属音。ピアノはタッチ軽やかにノッテくる。これがジャズか。ただ脱帽。

 これをきっかけにジャズ歴40年以上のTさんからジャズ指南をうけるようになった。中古レコード店を巡りレコード盤をさがす。これもまた実に新しい。

 年賀状に添えたひと言で、これからの人生にジャズという潤いを与えてくれたTさんに感謝。

吉村 郁男(66) 奈良県大和高田市

「産経WEST」のランキング