産経WEST

体育の着替え、トイレ、制服…LGBT生徒への配慮 市立小中高対象に大阪市教委が実態調査

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


体育の着替え、トイレ、制服…LGBT生徒への配慮 市立小中高対象に大阪市教委が実態調査

 学校現場での性的少数者(LGBT)の実態について、大阪市教委の調査の結果、全体の約11%の学校が「LGBTを自認するか、傾向がある児童生徒が在籍している」と回答していたことがわかった。市教委は「各学校で体育の着替えやトイレ、制服など具体的な場面での配慮を考えてほしい」としている。

 市議会で、大阪維新の会、伊藤良夏議員の代表質問に回答した。市教委によると、調査は昨年10月に市立小中高約440校を対象に実施。質問は17項目で、体育の授業前後の着替え、トイレ、修学旅行など泊まりを伴う学校行事-といった場面でどのような配慮をしているかを学校に尋ねた。

 市教委によると、体育では、保健室など別室での着替えを認めている学校は約10校。職員用のトイレ使用などを認めている学校は4校、修学旅行などで入浴時間をずらす配慮をしているのは9校、1人部屋の使用を認めているのは3校だった。市教委は、LGBTの児童生徒に配慮する制度を検討するとしている。

「産経WEST」のランキング