産経WEST

【将棋】藤井六段が最速で満点突破「詰将棋解答選手権」四連覇向け好スタート

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【将棋】
藤井六段が最速で満点突破「詰将棋解答選手権」四連覇向け好スタート

第15回詰将棋解答選手権チャンピオン戦で、問題に取り組む藤井聡太六段=25日午前、名古屋市内 第15回詰将棋解答選手権チャンピオン戦で、問題に取り組む藤井聡太六段=25日午前、名古屋市内

 詰将棋を解く速さと正確さを競う「第15回詰将棋解答選手権チャンピオン戦」が25日、東京、大阪、名古屋の3会場で行われ、最年少棋士、藤井聡太六段(15)が四連覇を目指して参加した。前半の第1ラウンドでは、藤井六段は3会場中最も速い55分で問題を解いて満点をとり、四連覇へ向け好スタートをきった。

 詰将棋ファンでつくる実行委員会が平成16年から開催。チャンピオン戦は39手詰以内の難問ぞろい。23年から当時8歳の藤井六段が毎年参加し、小学6年生当時の27年に初優勝を果たして以来、3連覇中だ。

 この日は、プロ棋士やアマチュア強豪ら約100人が参加。名古屋会場では藤井六段のほか、船江恒平六段が、大阪会場では谷川浩司九段や斎藤慎太郎七段らが参加した。

 チャンピオン戦は10問を第1、第2ラウンドに分けて出題。筆記形式で、図面が書かれた問題を解き、手順を解答用紙に記入する。1題10点の100点満点で、各ラウンドの制限時間は90分。同点の場合、提出が速い方が上位となる。

 この日藤井六段は、対局時のスーツ姿とは違って普段着姿で、受け付け開始時間より15分早く会場に現れた。チャンピオン戦は午前11時10分に開始。藤井六段は5問を55分で解いて退室。3会場で最も速く、50点満点だった。

 第2ラウンドの結果をあわせて優勝が決まり、結果は夕方になる見込み。

「産経WEST」のランキング