産経WEST

薩摩酒造「そだねー」出願 誤解招いたと取り下げ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


薩摩酒造「そだねー」出願 誤解招いたと取り下げ

平昌五輪でメダル授与式後、銅メダルで五輪マークをつくるカーリングの(左から)藤沢五月、本橋麻里、鈴木夕湖、吉田夕梨花、吉田知那美=2月25日、江陵カーリングセンター(松永渉平撮影) 平昌五輪でメダル授与式後、銅メダルで五輪マークをつくるカーリングの(左から)藤沢五月、本橋麻里、鈴木夕湖、吉田夕梨花、吉田知那美=2月25日、江陵カーリングセンター(松永渉平撮影)

 鹿児島県枕崎市の酒造会社「薩摩酒造」は23日、平昌冬季五輪のカーリング女子で銅メダルを獲得した「LS北見」(北海道北見市)の選手たちが使って話題になった相づち「そだねー(そうだね)」を、特許庁に商標登録出願していたと明らかにした。一方で「一部の方々の誤解を招いた」として同日、出願を取り下げた。

 同社によると出願は2月28日。「平昌五輪でのカーリングチームは沈滞ムードの日本全国に笑顔と幸せを運んでくれた」とし、チームを応援する趣旨で申請したという。 「そだねー」の商標登録を巡っては、北海道帯広市の菓子メーカー六花亭製菓も出願していたことが判明し、同社には「北見に関係ない企業がなぜ商標登録するのか」などと問い合わせが寄せられている。薩摩酒造は「会員制交流サイト(SNS)などにも同社に批判的な書き込みがあったため、マイナスの影響が出る可能性があると判断した」として取り下げた。

「産経WEST」のランキング