産経WEST

大阪市の中1男子生徒が自殺 過去に「いじめ受けた」回答 第三者委で調査へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大阪市の中1男子生徒が自殺 過去に「いじめ受けた」回答 第三者委で調査へ

 大阪市立中1年の男子生徒が1月下旬、市内の自宅マンション9階から飛び降り自殺をしていたことが19日、市教委への取材で分かった。いじめが原因の可能性があるとして、吉村洋文市長は市長部局に弁護士らによる第三者委員会を立ち上げ、経緯の調査や再発防止策の検討を行う方針を示した。

 市教委によると、生徒は昨年の1学期に学校が実施したアンケートで、いじめを受けたことがあると回答。その後の担任との面談で「小学校のときのことで今はいじめを受けていない」と説明し、2学期に行われたアンケートではいじめはないと回答していた。市教委は「中学でいじめの有無は確認できていない」としている。

 吉村市長はこの日の市議会委員会で、18日に生徒の遺族と面会したことを明らかにした上で「学校や市教委からいじめに関する報告はなく、真(しん)摯(し)に向き合っているのか大きな憤りと疑問を持っている」と批判。「二度とこういう事案が起こらないよう、どうすべきか徹底的に調査する」と述べた。

「産経WEST」のランキング