産経WEST

【脳を知る】耳が遠くなり、やがて顔がしびれ…聴神経腫瘍が原因かも

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【脳を知る】
耳が遠くなり、やがて顔がしびれ…聴神経腫瘍が原因かも

聴神経腫瘍による症状では、顔がしびれることも 聴神経腫瘍による症状では、顔がしびれることも

 耳が遠くなった-。年齢のせい?あるいはストレスや疲労から来る突発性難聴?と、数カ月から数年の間、様子を見ていると、やがて顔がしびれたり、歩くとフラフラしたり…。このような症状を伴う難聴は単に耳の働きが鈍くなったのではなく、「聴神経腫瘍」という脳腫瘍が原因である可能性があります。

 数ある脳神経の中の一つに聴神経があります。聴神経は脳と内耳をつなぐことで、私たちの平衡感覚と聴覚をつかさどっています。この聴神経を包み込んでいる細胞から発生する腫瘍が聴神経腫瘍で、一般的には良性の腫瘍です。腫瘍の大きくなる速さは個々の患者さんによって異なり、急速に大きくなる場合もあれば、ほとんど大きさの変化しない場合もあります。

 聴神経腫瘍による初期の症状は聴神経の障害、すなわち耳が聞こえにくくなったり、耳鳴り、めまいなどが起こったりします。腫瘍が大きくなると、聴神経以外の周囲の神経組織を圧迫することでさまざまな症状が出現します。具体的には顔の半分がしびれたり、ゆがんだりします。物が二重に見えたり、ふらふらして歩きにくくなったり、食べ物を飲み込みにくくなったりすることもあります。

 聴神経腫瘍が発見された場合、様子をみる▽放射線治療▽手術で摘出-の3つの選択肢があります。腫瘍が小さい場合は、外来で経過をみることも1つの選択です。定期的にMRI(磁気共鳴画像装置)で頭部を撮影し、明らかに腫瘍が増大している場合は治療が必要となります。

続きを読む

「産経WEST」のランキング