産経WEST

「仕事が嫌で…」強盗被害を自作自演、奈良の26歳男性

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「仕事が嫌で…」強盗被害を自作自演、奈良の26歳男性

 14日午前5時半ごろ、奈良県橿原市の男性会社員(26)から、同市新口町の路上で「後ろから男に『金を出せ』と襲われ、現金4万円が入った財布を盗まれた」と橿原署に110番があった。その後の調べで男性の自作自演だったことが発覚し、同署が軽犯罪法違反(虚偽申告)の疑いで調べている。

 同署によると、男性は自宅から持ち出したカッターナイフで自ら目の上を切りつけ、強盗に襲われてけがをしたふりをしていた。事情聴取で不審な点が相次ぎ、問いただしたところ、虚偽申告だったことを認めた。男性は「人間関係に悩み、仕事が嫌で会社に行きたくなかった」と供述しているという。

「産経WEST」のランキング