産経WEST

【関西の議論】論文不正なぜなくならぬ…研究者に立ちはだかる数々の壁 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
論文不正なぜなくならぬ…研究者に立ちはだかる数々の壁 

研究の不正が発覚し、謝罪する山中伸弥教授(左)ら=1月22日 研究の不正が発覚し、謝罪する山中伸弥教授(左)ら=1月22日

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)研究でも論文データの捏造(ねつぞう)と改竄(かいざん)があった-。京都大iPS細胞研究所で起きた特定拠点助教による論文不正。ノーベル賞授賞の対象にもなった日本が世界に誇る研究分野での不正の発覚は、各方面に大きな衝撃を与えた。再生医療や創薬の分野で大きく役立つ夢の万能細胞をめぐる研究不正としては、理化学研究所などのチームが発表したSTAP細胞に関する論文の不正が記憶に新しい。なぜ、こうした行為が横行するのだろうか。(池田祥子)

研究者の多くが任期付き

 「また起きたのかと。STAP細胞のときを思い出した」。ある国立大医学部の男性助教(34)=生物学=はこう嘆息する。

 不正があったのは昨年2月に米科学誌「ステム・セル・リポーツ」に掲載された論文。血中に含まれた薬物や有害物質が脳に入るのを防ぐ「血液脳関門」の機能を持つ組織を、iPS細胞を使って体外で作り出すことに成功したという内容で、アルツハイマー病の治療に役立つ可能性があるなどとしていた。

 しかし、実際には論文通りの組織はできていなかった。学内からの指摘を受けた大学側が調査した結果、遺伝子発現量を示す値を大幅に書き換えるなど、論文を構成する主要な図6点全てと、補足図6点中5点で数値の捏造や改竄が認められた。

 不正を行ったA氏(36)は、平成26年11月、iPS細胞研の任期付き研究者である特定拠点助教に着任。任期は今年3月までだった。

続きを読む

「産経WEST」のランキング