産経WEST

【関西の議論】人目を気にせず「好き」なことを…「オタク女子」ターゲットの店舗がサブカル街に続々オープン

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
人目を気にせず「好き」なことを…「オタク女子」ターゲットの店舗がサブカル街に続々オープン

オタク女子限定のカフェサロン「アタラシキア・カフェ」を作った青山奈々さん(右)と上野まどかさん=大阪市浪速区 オタク女子限定のカフェサロン「アタラシキア・カフェ」を作った青山奈々さん(右)と上野まどかさん=大阪市浪速区

 同店を経営する青山奈々さん(32)と上野まどかさん(26)もアニメや漫画好きで、コスプレも楽しむオタク女子だ。「私たちが『こんな空間が欲しい』という理想を集めてオープンした」と説明する。

 当初は1人での来店が多いと見込んでいたが、グループでの来店も多く、週末になると昼過ぎに約50席が満席になる人気ぶり。キャラクターの誕生日にファンが集まってパーティーを開いたり、おすすめの漫画を回し読みしてオタク談義に花を咲かせたり…と店の使い方はさまざまだ。

 「オタク女子って、『根暗』とか『気持ち悪い』と見られるのが嫌で、普段は好きなアニメの話題で盛り上がることにすごく遠慮してしまいます。しかし、この店なら安心して自分が好きなことを『好き』と言えます」と青山さんは話し、2号店をオープンする構想もあるという。

家庭持ち「趣味を我慢」…羽伸ばせる場所を

 入り組んだ細い路地沿いに中古家電店や工具店、骨董(こっとう)店などの小さな店舗が集積している「日本橋商店会」(通称・五階百貨店)内に1年前にオープンしたカフェ「tidy(タイディ) cafe」では、「居間」をイメージした店内で、漫画を読んだり、おしゃべりを楽しんだりできる空間を提供している。

 もともと特撮好きの女性店主(44)が「オタク女子たちが思いっ切り羽を伸ばせる場所をつくりたい」と一念発起して、前の仕事を辞めてオープンした。

続きを読む

このニュースの写真

  • 人目を気にせず「好き」なことを…「オタク女子」ターゲットの店舗がサブカル街に続々オープン
  • 人目を気にせず「好き」なことを…「オタク女子」ターゲットの店舗がサブカル街に続々オープン
  • 人目を気にせず「好き」なことを…「オタク女子」ターゲットの店舗がサブカル街に続々オープン

関連ニュース

「産経WEST」のランキング