産経WEST

【滋賀・女性遺体遺棄】「子供も遊ぶ場所なのに」住民に不安広がる 現場は琵琶湖大橋の近くの住宅街

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【滋賀・女性遺体遺棄】
「子供も遊ぶ場所なのに」住民に不安広がる 現場は琵琶湖大橋の近くの住宅街

女性の遺体の胴体部分が見つかった現場付近を調べる滋賀県警の捜査員=14日午後4時35分、滋賀県守山市 女性の遺体の胴体部分が見つかった現場付近を調べる滋賀県警の捜査員=14日午後4時35分、滋賀県守山市

 滋賀県守山市今浜町の河川敷で女性の胴体が見つかった事件。周辺は住宅地や畑が広がり、現場の河川敷は近隣の保育園や住民の散歩コースにもなっている。住民たちからは「不気味で怖い。早く解決してほしい」との声があがった。

 現場は大津市と守山市を結ぶ琵琶湖大橋の近く。住民によると、日中は車や人の通りは多いものの、夜間は街灯もなく真っ暗で、人通りも少ないという。近くの主婦(37)は「昼間は子供たちの遊び場。そんな場所で遺体が見つかったと思うと怖い」と話した。

 遺体は河川敷の草むら付近で発見されたが、特に何かで隠されている様子はなかったという。遺体は衣服をつけておらず、一部骨がむき出しになるなど腐敗が進行。10日に「動物の死骸がある」と通報を受けて駆け付けた滋賀県警守山署員も当初、動物の死骸と思い、市に処置を依頼しており、14日の司法解剖まで現場で保存されていた。

 13日夜に現場を通りかかった男性(42)は「あばら骨が見えて動物の死骸のようにみえた。まさか人間の遺体だったとは」と話した。

このニュースの写真

  • 「子供も遊ぶ場所なのに」住民に不安広がる 現場は琵琶湖大橋の近くの住宅街
  • 「子供も遊ぶ場所なのに」住民に不安広がる 現場は琵琶湖大橋の近くの住宅街

「産経WEST」のランキング