産経WEST

神戸山口組系幹部に無罪 拳銃保管、指示認めず

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


神戸山口組系幹部に無罪 拳銃保管、指示認めず

 配下の組員に指示して自分の元妻宅に拳銃と実弾を預け、保管したとして銃刀法違反(加重所持)の罪に問われた指定暴力団神戸山口組傘下組織の幹部(42)=長野県松本市=に名古屋地裁は14日、無罪判決を言い渡した。求刑は懲役8年。

 組員(39)=同罪などで公判中=への指示の有無などが争われたが、判決理由で田辺三保子裁判長は「2人のやりとりを含む関係証拠を検討しても、指示を裏付ける証拠も、拳銃と幹部を結びつける証拠もない」と判断した。

 元妻宅が家宅捜索された際、幹部が「あれは俺のものだ」と発言したとの検察側主張も「自分に嫌疑を向けようとした可能性がある」と退けた。

 幹部は平成29年6月14日に松本市内の元妻宅で拳銃1丁と実弾10発を所持したとして愛知、長野両県警に逮捕され、その後起訴された。

 名古屋地検の新田智昭次席検事は「判決内容を検討し、適切に対応したい」としている。

「産経WEST」のランキング