産経WEST

市職員が2500万円着服 愛媛・西予、懲戒免職

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


市職員が2500万円着服 愛媛・西予、懲戒免職

 愛媛県西予市は14日、同市総務課の三好一樹主任(40)が交通災害共済掛け金を引き出し、約2500万円を着服したと発表した。全て弁済されているが、市は主任を同日付で懲戒免職にした。

 市によると、平成26年1月から29年7月までの間、不正に引き出し、借金の返済や投資に充てたという。

 今年2月に29年度分の掛け金が、送金先の愛媛県市町総合事務組合に送られていないことから発覚した。

「産経WEST」のランキング