産経WEST

文書拒否、弁護人再び敗訴 鳥取・米子署の勾留巡り

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


文書拒否、弁護人再び敗訴 鳥取・米子署の勾留巡り

 妻に対する殺人未遂容疑で平成27年に鳥取県警に逮捕、勾留された男性の弁護活動を巡り、男性から託された文書の受け取りを米子署の留置担当者が拒んだのは接見交通権の侵害だとして、島根県弁護士会の湯原裕子弁護士が県に110万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、広島高裁松江支部は14日、一審鳥取地裁に続き請求を退けた。

 湯原弁護士側は、文書は証拠隠滅を依頼する内容ではないのに、署員が受け取りを拒否したのは裁量権の逸脱に当たると主張していた。

 栂村明剛裁判長は、そもそも文書を受け取るかかどうか決める裁量は、留置担当者に認められているわけではないと指摘。米子署の運用状況を考慮しても違法性はないと判断した。

「産経WEST」のランキング