産経WEST

豊田合成、三重に新工場 燃料電池車向けタンク生産

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


豊田合成、三重に新工場 燃料電池車向けタンク生産

 トヨタ自動車グループの部品メーカー、豊田合成は14日、水素で走る燃料電池車に搭載する「高圧水素タンク」の工場を三重県いなべ市に建設すると発表した。2020年代初頭に生産を始める予定で、投資額は約120億円としている。新規雇用を含め従業員は約100人を見込んでいる。

 豊田合成が高圧水素タンクを量産するのは初めて。トヨタが力を入れている燃料電池車の普及を見据え、生産態勢を整える。工場は昨年年5月に着工しており、建屋はほぼ完成しているが、製造設備の導入などに時間がかかるという。

「産経WEST」のランキング