産経WEST

「笑顔いっぱいで頑張る」 女子大生2人、兵庫・たつの市親善大使に決定

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「笑顔いっぱいで頑張る」 女子大生2人、兵庫・たつの市親善大使に決定

「2018プリンセスたつの」に選ばれた廣瀬はるかさん(左)と宗平真歩さん 「2018プリンセスたつの」に選ばれた廣瀬はるかさん(左)と宗平真歩さん

 兵庫県たつの市や地元自治会などで構成する「たつのふるさとフェスタ運営委員会」は13日、市の親善大使「2018プリンセスたつの」にいずれも市内在住の岡山大文学部2年、広瀬はるかさん(20)と関西学院大社会学部1年、宗(むね)平(ひら)真歩(まほ)さん(19)の2人を選んだと発表した。

 今年1月10日から2月7日までの募集期間に12人が応募。2月24日に面接などの選考会が行われ、2人が選ばれた。活動期間は4月1日から来年3月末までの1年間で、市内の公的行事やイベントのほか、市外での観光キャンペーンなどでも花を添える。

 広瀬さんは「この1年間、大好きなたつの市の魅力を伝えられるように笑顔いっぱいで頑張りたい」と話し、宗平さんは「たつのの自然を(画像投稿アプリの)インスタグラムなどを使ってアピールしたい」と抱負を語った。

「産経WEST」のランキング