産経WEST

【サッカー】日本代表選考大詰め W杯は実績より現在の調子重視、本田・香川・岡崎の「ビッグ3」は?

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【サッカー】
日本代表選考大詰め W杯は実績より現在の調子重視、本田・香川・岡崎の「ビッグ3」は?

クルスアスル戦でパスを出すパチューカの本田=メキシコ市(共同) クルスアスル戦でパスを出すパチューカの本田=メキシコ市(共同)

 同じように代表から遠ざかっている香川真司(ドルトムント)は左足首痛、岡崎慎司(レスター)も右膝痛を抱える。「ビッグスリー」とも称される3人の実績は申し分ないが、ロシア切符を手にできる保証はなく、復調が遅れれば落選する危機にある。

 欧州組では香川、岡崎以外にもDF陣を統率する吉田麻也(サウサンプトン)が左膝を負傷している。ただ、W杯本番でも守備の柱に据える方針は変わらないものとみられ、ポイントとなるのはセンターバックの“相棒”。25歳の昌子源(鹿島)や23歳の三浦弦太(G大阪)らへの期待が高まっている。

明暗分かれた挑戦

 レベルアップを目指して海外挑戦した若手は明暗が分かれている。森岡亮太はベルギー1部のワースランドベベレンでリーグ戦7得点と活躍し、評価を上げて同国屈指の名門、アンデルレヒトに加入した。日本代表では昨年11月の欧州遠征で約3年ぶりに復帰。期待値を高め、ステップアップを続けている。

 今冬にG大阪からスペインに渡り、2部クルトゥラル・レオネサでプレーする井手口陽介は思うように出場機会を得られていない。対人の強さとボール奪取能力を備えた守備的MFで、ハリルホジッチ監督が目指すサッカーの申し子的な存在だったが、試合勘の不足は大きなマイナスだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 日本代表選考大詰め W杯は実績より現在の調子重視、本田・香川・岡崎の「ビッグ3」は?
  • 日本代表選考大詰め W杯は実績より現在の調子重視、本田・香川・岡崎の「ビッグ3」は?

「産経WEST」のランキング